読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

個人TT練30km +鷹練

鷹練には行きたいが、個人TT練をしないわけにもいかないし、両方やることに。

昨日の変なヘルメットとフロントホイールを試す。

バイパス2往復してそこそこ追い込んでから、パゴスと鷹練へ。

新機材(笑)の効果は確かに感じられた。

伊坂着いた時点で燃え尽き気味。

今日は津レーシングのMさんとmaxspeed97のクライマーぐっさんも来てくれて、なかなか賑やか。

チーム分けしてバッファローマンさん、Mさん、フックさん、キッドさん、ポールの5人。

 

小島はMさんの後ろから前に出て、50km/h維持。

最近の鷹練では定番になってきた。

スプリントよりも安全だしTTの練習にもなる。

DHバーは使わないように心がけた。あまりにも効果が大きすぎて、装着してない人との差が広がってしまうので。

最近スプリントしてないからそろそろやってみたいけれど、体の準備が出来てないから壊しそう。スプリントするとTarmacの加速は半端ないから楽しいんだけどねぇ…

 

最近、306に出るまでの道も一応セグメントになっていることに気付いた。

今回は緩やかな登りを40km/hで長めに牽引。そのあとMさんの牽きからバッファローマンさんが独走。掛け合いでの急加速はすぐ脚が終わってしまうので見送った。クリテならこういう時追いかけれないとダメだけど…

後ろから見てて他の人とパワーがひとまわり違う感じだった。

 

306は下り切る少し前で先頭へ

50km/hで下って、45km/hで登りに入っていつも通り維持していく。

ここも一定速度、シッティングでひたすら耐える。

後から見たらこの区間、自己記録タイの30秒が出ていた。

 

坂本の坂

既に脚はダメだったが、TTはしたかった。

後半は完全に失速。前回より10秒遅かった。

 

納豆坂では、手前の橋の交差点からずっと30km/h牽引。

長い時間ダンシング続けられるようになったから登りやすい。

最後の右カーブまで30維持していたが、そこでペースが落ちてしまった。

ずっとついてきていたMさんもそこで離れてしまい、単独でヨレヨレになりながら頂上へ。

Mさんに実業団登録してないのは勿体無い、と言われてしまったが、実業団レースはなかなか難しい…

転戦する時間もお金も…

もし将来登録する事があっても、E3のクリテは走りたくないかな。

出来るのかどうかわからないけど、E3はTTかヒルクライムで勝って上がりたい。

休日のレースで骨折とか、プロでもないのに勘弁や。

 

ここから三段坂へ向かうが、途中で脚に違和感が…

これ、膝上が攣るやつだ…

原因はおそらく以下の複合要因

普段、練習強度でこんなに距離乗らない

汗のかきすぎ

短距離TTポジション専用の厳しいセッティング

TTポジション専用なのにブラケットしか持っていないため、狙ったポジションが出ていない

 

ここからは攣らないように、急加速を避けてソロリソロリと回す。

しかし、三段坂手前の下りでバッファローマンさんがめちゃくちゃに上げていく。

これにはたまらず中切れしてしまい。後ろを巻き添えには出来ないと思ってDHバーに手が伸びてしまった。

何とか繋げたものの、登りに入ると今度はMさんがアタック。

ありえない速度で登っていく。

それについていくキッドさん。

自分は急加速を避けて少しずつ間を詰めようと必死に脚を回すが、なかなか追いつけない。後ろのぐっさんを巻き添えにするのも申し訳ないし、「脚終わってるので先行ってください」と言っておく。

しかし、しばらくペースで登るとMさんの勢いが弱まって前方2人と合流。どうやら初コースで坂の距離を見誤ったらしい。

合流後、ぐっさんはそのままのペースで前へ。しかし、自分は脚が重くてついていけない。

ここで、アウターを使いすぎていることに気づく。

最近ほとんど使わないフロントディレイラーを起動して36Tに入れると急に脚が軽くなって勝手に回り始め、そのまま一気に登り切ってしまった。

すぐに下って休憩所までの道を単独走。微妙に登っていてここもキツイ。

何とかゴールしてヘロヘロ。脚は攣らずに済んだ。

三段坂と中里周りでKOM獲得。

 

休憩所ではアイロスさんが既に休憩していた。新しいシューズが合わなくて痛いらしい。シューズは難しいなぁ。

 

休憩でどら焼きと炭酸飲料を飲んで再スタート。

復路は完全に脚の終焉を感じており、最後尾で千切れながら登る。

下りで何とか追いついて先頭交代に加わり、最後は先頭で下りきった。

この区間ではDHバー使ってた。使わないともうむり…

 

終盤の2つのポイントは最初からわざと千切れて距離を取り、個人TTでついていった。あの2箇所は見通し悪かったり狭かったりで、いつもなんとなく怖くて競れないから見送ってるし。それに今日は脚がマズイ…

 

なんとか攣らずに最後のコンビニ到着。

いけないと思いつつアイスに手が伸びる。

ジャミラさん?がパゴス強いと褒めてくれていた。

あと、アイロスさんの件もあってシューズの話とか。

 

帰宅して127km

こんなに乗ったのはいつ以来だろう…