読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

単独ミルク周回個人TT練3周

朝起きて3時50分

早く起きてしまった。

これは朝練をしろという神のお告げか(違う

 

といいつつ丁寧に準備してたら5時。今日は単独でTTの練習をしてみたい。

ミルク周回コースに向かって出発。

道中の緩い登り坂で40km/h出ている。あまり練習は出来てないが、やはり土曜のポジション変更が良かったみたい。

周回に到着するとドラコさん発見!いつも通りの追い込みぶりで自分もモチベーションが上がる!

自分先頭で一緒にミルクの坂を登るが、抑えすぎていたようだ。ドラコさんが「そんなペースじゃ練習にならん!」という様子で前に出てきたので、牽いてもらった。後半から上げていったにもかかわらずstravaで1分28秒出ていて、ドラコさんの牽きはなかなか強かった。自分は後ろでダンシングの練習。固定ローラーV270ではダンシングの練習は出来ない。実走する時に練習しておかなければ。

それにしても、既に3周単独で回っていて最後の坂であの牽きはすごいな…

 

坂の頂上からは自分が前に出たが、しばらくして後ろを見るとドラコさんがいない。もうドラコさんは練習終了で流して帰宅するようだ。

自分は色々とTTポジションを考えながら走った。やはり、前乗りして肩の力を抜き、下腹部を軽く膨らませて適度に腹に力を入れ、背筋を程よく伸ばし、脇を締め、肩甲骨をやや寄せ、リラックスして脚に力を込めないように100rpmくらいで回すのが良い。力を使っていないのに何故か速い。今までの自分の常識的速度が軽く打ち破られていく。

日曜の鷹練で下りの走り方に課題を見つけた。下りで上体が浮き気味になってしまい、速度が出ない問題。これに関しては、下ってからゴール前直線に入るところで練習してみた。3周目にはアウタートップを軽く回せるようになり、今日のところは満足。空気抵抗に抗って踏まなければという意識が強くなると全てうまくいかなくなる。基本は前乗りがちゃんとできているかどうか。前乗りをすることで前傾姿勢をとっても脚が詰まらないようになる。当たり前のことだけれど、体感してみるとより深く納得した。

あとはアウタートップをゆっくり回して直線を走ってみたり、コンビニ手前の坂でTTポジションのまま40km/h維持して登ってみたり。そのかわり、ミルクの坂は休むダンシングでのんびり登った。AACAにも鈴鹿サーキットにもこんな坂はないので、TTポジションとれない場所では休憩。

 

帰りはのんびり帰宅。44km

週末はチームTT練の予定だけど雨かなー