ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

TT練42km

木曜 休み

疲れが溜まってきた。大して練習してないけど、今の生活リズムだとかなりギリギリの練習量。1ヶ月継続するのは無理だな。

今日はTTバイクでスキルトレーニング。最初の20分だけ477バイパス往路を頑張る。13km Ave.38km/h  250w

やはりTTバイクは速い。

そのあとはペダリング練習。更に安全な場所を探して180°コーナリング練習。TTバイクは慣れないと曲がり難い。今日でそこそこ慣れたかな。本番までにあと2回くらいは練習しよう。

帰宅して42km

f:id:takabianchi:20190516180951j:image

夕方は軽く筋トレして終わり。

 

 

重いギアを踏むか、軽いギアを回すか。

ブルーさんも書いていたが、体の使い方が大事。

普通にやっていると、大抵の場合元々得意な方に流れていって、バランスが悪くなる。自分はサイクリングをやっていた頃、体が細くて筋力不足だった。ケイデンスは平地で110rpmを常用。

その後、慢性的な膝痛を治すために筋トレを始め、同時に重いギアをゆっくり綺麗に回す練習をした。やってみて分かったが、速く回せるからといって綺麗に回せているとは限らない。無駄の多い動きを高速で繰り返していたらそりゃ遅いわな…。

そして数ヶ月で常用ケイデンスが100rpm程度に下がった。自転車を始めた頃の流行りもあってか「重いギアを踏むのは悪!軽いギアをクルクル回して走れ!」という強迫観念に駆られていたのがすべての間違いだった。最初の頃はひたすら回転練習ばかり。ローラーでは120rpm1時間、200rpm以上もがき等しかしていなかった。そういった練習も必要だけれど、平地で50T×19Tをどれだけ回しても速く走れるわけがない(笑)

そのぶん、当時は58kgで登りだけは速かった。自分はクライマーだと思い込んでいたが、それは単なる筋肉量不足。登りが速いのではなく、平地が遅かっただけだった。苦手な平坦を克服したのは、バルタンさんの「下ハンを持て!」というアドバイスのおかげもあるけれど。

 

感覚的には掛け算で、筋力×回転なのでどちらかが小さいと遅い。弱点強化が近道。

 

また長々と書いてしまった。自分も大して速くないのに。まずは練習量を増やせるように回復力をつけないと。

 

次の勤務明けは土曜だが、鈴鹿ではなく天啓周回練のため、またソロ練かな。さすがに全力で向かってもついた頃には練習会が終わっているだろう。いつかは参加したいが休日しか無理なので確率は3分の1以下…。