ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

鈴鹿周回練75km

出発がギリギリで、いきなり18kmTT。

平坦巡航は300w目標。平均240wで何とか間に合った。

自分の感覚に反してパワーは出る。

先週末の3連休で乗り込んで、平日忙しくエアロバイクもできなかったが、逆にそれで回復したのかもしれない。体幹トレだけでもやってれば維持できるな。

 

f:id:takabianchi:20181013144110j:image

今日はカワベさん、ごんぞーさん、イシイさん、ドラコさん、タクマさん、自分。

4周の予定。

到着時点で結構キツイ。4周保つのか?

2番手でスタート。早速スプーン登りをタクマさんが引く。いきなり8倍。

しかし、体幹が出来てきたからか、高強度でも安定感があり、余力を残せる。

心拍も全然上がってない。

しかし、1周目からこれでは先が思いやられる。先頭では余力を残して交代するように気をつける。

ドラコさんもしっかり引いている。カワベさんは余裕あるのに引きが穏やか。

1周目から15分21秒で自己ベスト更新。

2周目もタクマさんのスプーン登りが厳しい。7倍くらいか?

国府登りはずいぶん楽。6倍程度。

ガーデン前の急坂はみんなダンシングしているが、シッティングでも余裕でクリアできる。今日は調子がいいのか?

休めるポイントがあるので、脚はまだまだある状態で3周目へ。

6人で4周目のガーデン登りまで行ったら、強いのはタクマさん、カワベさんか?ごんぞーさんもまだ余力ありそう、イシイさんは分からない、ドラコさんはややキツイか?

3周目のガーデン左折後、様子見に仕掛ける。9倍以上で登り、ゴール地点までそこそこの強度を維持。

ドラコさんがやや遅れたが5人揃って4周目へ。先頭交代するが、スプーン登りで緩み、信号でドラコさん合流。

国府登りまでの緩い登り区間は脚を貯める。

国府登りはタクマさん先頭で入る。自分は2番手。

ドラコさんが入りから一気に上がってくる。それにタクマさんが反応して、自分はそれについていく。タクマさんが先頭に立ったところでさらに被せて仕掛け、先頭で頂上通過。抜け出すため、すぐにアウターに入れて一気に加速。40秒604w(9.6倍)

ここでタクマさんと自分の二人になる。

後ろがバラけていなければ、4対2でかなり厳しい。逃げが決まるか分からないが、下りも踏んでいく。タクマさんとローテして後ろを見ると、距離が開いている。ドラフティング効果はないからあとは力比べ。

タクマさんはまだまだ強い。序盤から飛ばしていたのにしっかり引いてくれる。

下り切って平坦区間へ。まだ余力あり。

後ろは来ていない。十分な差をつけてガーデンの急坂へ。ここでタクマさんが遅れる。ペース落ちてなかったので、まだいけるのかと思っていた。自分がもっと長く引くべきだったか。ここに来て、まだ脚が余っている。こんなに調子がいいとは思わなかった。

あとは自分のペースでゴールまで。

終了後は即帰宅。75km 

終わってから心拍確認したら、全然上がってなかった。max176bpm。ローラーだと190まで上がるんだけど…

脚も余力あり。知らないうちに調子が戻ってきた。乗れるのが週末だけだと、毎回の練習で上手く出し切るのが難しい。大抵飛ばしすぎて早退するか抑えすぎて脚を余らせるか。

 

久しぶりに鈴鹿の練習会に参加できてよかったです。

ありがとうございました。

 

f:id:takabianchi:20181013152341j:image

スピードメーターが一時停止しており、距離が合っていない。