ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

シマノ鈴鹿チームTT 感想・反省編

今回の落車の原因は、自分だったと思う。
チームTT練習中、ペース配分を間違えて疲労したワッキーさんが、前走者のブルーさんに接触してあわや落車ということがあった。それ以降、序盤にワッキーさんを疲れさせないよう、早めの交代を心がけてきた。
しかし、今回のレースでは、調子の悪さ、暑さへの耐性不足、調整不足でほとんど役に立てず、その結果ワッキーさんを疲労させてしまった。
それが落車に繋がったことは、練習中の様子を見ていてもほぼ間違いないだろう。自分が早めの交代を心がけてから、ワッキーさんが危ない接触をしたことは1度もなかった。

やはり、10日前からの調整に失敗したのがダメだった。
焦って乗りすぎて、疲労を溜めてしまった。これからは、堅実なトレーニングを心がけよう。
そして、暑さに対する対策は考えないといけない。
耐暑訓練走をもっと取り入れるべきだった。
あとは、背中に氷を入れたりとか、何かできないだろうか。
シマノ鈴鹿チームTTは暑い時間帯に行われるため、リベンジするためには暑さ対策が必須になるだろう。

今回は、未登録ホビーライダー最強のTT能力と言っても過言ではないブルーさん、この週末非常に調子が良かったドラコさん、今回のレースに合わせてすごい速度で強くなってきていたワッキーさんとチームで出場できたにも関わらず、本番ではほとんど役に立てなかった。
また、チーム内外の多くの人に応援してもらっていたのに、結果を出せなかったことは心残りだった。

まずは学会までに怪我を治しつつ、明日から学会の準備をします。
次、いつレースに復帰できるかはわかりませんが、昨年、今年と2年連続で失敗したチームTT、次こそはリベンジしたいです。

正直、個人TTのほうが自分には向いているかもしれないけれど、自分が走ることを考えるなら、個人TTのレースそのものはあまり面白くない。ただ一人で走ってるだけだし、単独練習とあまり変わらない。
チームTTの、メンバー全員で作品を作り上げていくような過程はとても面白いし、本番も予想しきれない事があって、それも含めて面白い。流石に落車は何も面白くないけど(笑)

とにかく、転けないように、様々な対策をしっかりしようと思った1日でした。