読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

自分はどれくらい自転車がやりたいのか

5月になり、研究もシーズンイン。

週3日は野外調査。

楽しいけども、色々なことを並行してやっていかなければ。

 

自転車のほうは、正直、今後どうなるかわからない。来年度以降も。何を優先して考えるべきなのか。

先週の土曜、父に「鷹練行こう」と言われ、カナンからも誘われて少し顔を出す程度に参加しようと決意。

日曜朝、父とともにダムへ。

しかし現実は甘くなく、ダムまで30分で瀕死。父の方が強い。

ダムではケムラーさんや、カナンにも声を掛けられて、「痩せた?」とも言われた。

そしてダム出発。

ここのところ高いモチベーションを維持しているらしいフックさん、GWに乗り込んでいるカナン、最近鷹練に参加し始めたYさんと、死にそうなポールで4人。

Yさんはまだ正式に鷹組入ったわけではないのかな?よく分かってないけど。

3月に、Yさん、カナン、カーリー、の食事会に誘われて行った時以来かな。

若いチーム員が増えるのはいいことだと思う。カーリーも強くなってるし、同世代で自分が取り残されてる感は否めないw

 

練習始まって、アップの段階で既にきつい。

久々に車間が開いた時の苦しさを思い出した。

あまりに苦しく、小島のペースアップ前に離脱。

 

帰路が長かった。

気力がなく、30km/h切るような感じで帰宅。

 

同日、AACAでアマチュアTTチャンピオン決定戦みたいなのをやってたらしい。

大阪からも有名な方々が来てて盛り上がったみたい。

個人TTは、昨年からとんでもない速度で駆け上がっている平地マンさんが圧勝。仕事もハードらしく、それでこれだけ活躍されているのは恐ろしい。

現実的なことを色々考えると、自分がそのように取り組めるのか?

もちろん平地マンさんほどのレベルでは無理だろうけど。継続して両立してやっていくのは簡単ではないだろう。

平地マンさんはチームTTにも出場して2位。和田山さんのチームで出ていたらしい。他のメンバーはキリPさん、それから臨時メンバー?でワコーズのトヨカツさん。

実は3月あたりに開催が発表された時、以前和田山さんとAACAでお会いした縁もあってチームに誘われていたんだけれども、まったく自転車に取り組める状態ではなく、断ってしまった。

いつかあんなチームでTTTやってみたいなあ。とは思いつつ、現実には何もやっていない状態。

もちろん、鷹組でもTTTやりたい。

むしろ、自転車やるならTTTしかないってくらい。昨年のシマノ鈴鹿は悔しい結果(5位)だったし。

 

話は戻って…

鷹練から帰宅後、父に「お前に期待してくれてる人はたくさんいるんや」って言われた。どのくらいの方に期待されているのかはともかくとして、期待してもらっているのが申し訳ないです。

 

”自分はどれくらい自転車がやりたいのか?”

それを考えた週末でした(もう先週末だけど、野外調査とかでいつの間にか1週間経ってた)