ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

青山高原サイクリング

5月1日

本当は今日から心機一転、また研究室へ行くつもりが、昨日あまりにも残念な結果に終わり、その気分転換が必要になったため2日連続のサイクリング。

今日は昨日来ていなかった部員のI君(2年)と一緒に青山高原へ。

I君はトライアスロン部で、ロード歴10ヶ月とのこと。

実はポール星人、今まで青山高原を登ったことがない。I君に道案内をしてもらい、のんびりと付いていく(スミマセン…

往路途中、I君パンクして修理。CO2ボンベを貸そうとしたが断られてしまった。

空気圧が足りないのは心配だが、再スタートして進む。途中コンビニで補給。昨日の失敗は繰り返さない。補給しながら自転車談義。そろそろ自転車のレースにも出てみたいとのこと。I君は綺麗な走りで後ろにいても安心感あるし、登りも苦にしないようだし、調整すればどんなレースでも出れそう。

 

再スタートし、先頭交代しながら進む。途中、楽しくなってきて緩い登りで飛ばし過ぎ、今まで散々牽いてもらっていたI君を少し千切ってしまう…  スミマセン。

そして青山高原の登りに入るが、I君かなり辛そう。どう考えても空気圧の問題なので、CO2ボンベで後輪に空気補給。初めてボンベ使ったけど非常に便利。全くパンクしないから使ったことがなかった。

そして再スタート。斜度は武平よりやや緩めだが、時折斜度が急になる。運動不足にはつらい。しかも暑い。あっという間にボトルがなくなり、道端の湧き水に手を出す。これからの季節はダブルボトル必須。

そのあと、なんとかヨロヨロと登りきり、展望台の喫茶店へ。

自転車談義しながらうどんを頂く。同じようなレベルの峠だけれど、武平との差はなんだ… 武平なんてトイレとトンネルしかないぞ(笑)

会計の時には、レジのおばちゃんに「水いれてく?自転車の人はみんな水欲しいって言うからね。サービスしますから。遠慮せんと言ってね」と言われる。自転車乗りを見慣れたおばちゃん… すごい。店内に自転車雑誌置いてあったしw

 

復路はまあ下り基調だからつらいこともなく。ただ、青山高原の下りは怖かった。見通し悪いし。

 

大学に着いて、またもやしばらく自転車談義。I君には夕方まで付き合ってもらって感謝です。久々に自転車の楽しさを思い出しました(昨日はノーカンでw