読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール星人のサイクリング日記

趣味で自転車を楽しむ鷹組ポール星人(元ビアンキ) です。 寒さに強く、暑さに弱い。

レース2回目、AACA1-2 出走まで

レース

朝起きて既に緊張。

先週の初レース、平田クリテから6日間しか経っていない。

前回平田クリテC3で優勝したから、今回のAACAは1つ上げて1-2でエントリー。

距離は40kmと、平田C3の2.5倍もある。レベルも高く、ついていけるのか、どこまで通用するのか、と思いつつ、朝食を摂りながら武者震い。そして、Tarmacのポジションがやっと安定したため、Tarmacレースデビューである。機材のハンデは無いし、平田の時のように機材の劣等感でビクビクする必要もない。

 

9時前、自宅発。自走で会場へ向かう。

 

アップダウンはあるが、会場まで約30km。ゆっくり行っても1時間半以内に着くかな?といった感じ。

家を出てまずは平坦。風も無く、とても良い天気だ。木曜までキツく追い込んだ疲労が多少残っているが、調子自体は良い。平地無風で軽く脚を回すと37km/h。追い風を疑うほど調子が良かった。ここのところ、1月に殆ど乗れなかった影響を引きずっていたが、今日は復帰後最高の状態だ。

 

せっかくの脚を無駄遣いしないよう、慎重にゆっくり走って会場着。10時過ぎ。

 

初めてAACAに参戦するため、心配で早く着き過ぎた。1-2スタート予定は12時である。

とりあえず受付でサイン。平田の時も思ったけど、紙にサインするだけでなんか本格的っぽくて楽しい。

受付でゼッケンを貰ったが、初めてで何も分からず、安全ピンを持ってきていない。周りの参加者は家から持参している様子。どうしようかと思っていたところにネロンガさんがやってきた。先週の平田クリテで初めてお会いした方だ。今日は1-3に参戦すると聞いていた。

ネロンガさんに聞いてみると、レース前でお忙しいところ、わざわざ車まで戻って安全ピンを持ってきて下さった。

これで安心、と思いくつろいでいると、なんとOさんがやってきた。今日はサイクルトレンドに行くと聞いていたため、びっくり。最近モチベーションが高いらしく、レースを走りたくなってAACAに来たとか。ネロンガさんと同じく1-3エントリー。

バニラさんにも遭遇し、少しお話。バニラさんはTTメインの方で、バッファローマンさんとトロバラ走ったりしているすごい方だ。

 

その後、自分はゼッケンを付け、家から持参したどら焼きを食べ、ツール缶と携帯をロッカーに預けて軽量化した。

外に出てスタート地点付近へ行くと、見覚えのある方々に出会った。まずはMSのユーダさん。今日はMSか○みさんの応援で来ているそうだ。か○みさんにも自己紹介しに行った。サンコーさんから凄い方だと伺っていたが、今まで店でお会いしても話しかけられずにいた。

 

1-3のレースを見て、注意するポイントやレース展開について考察していると、自分と共に1-2を走るケムラーさんが来ていた。ケムラーさんと話していると、サイクルジャムの方に声をかけられてしまい、取材されることに…。実際の記事になるかどうかはわからないので、詳細は割愛。

 

そして12時前、ケムラーさんから、レース展開や重要ポイントを教えて頂き、スタート地点に並ぶ。出走は平田より多い。60人くらい。大丈夫かなあ…。

緊張しつつ、勝ちに行くことを意識しないようにしていた。ケムラーさんからは、上手く位置取りすればスプリントで勝てる、と言われていたが、レース経験の浅い自分が位置取りできる確率は低いし、何より落車が怖い。結果は考えず、とにかく前に出てアタックに食らいつき、逃げに乗ってみたい。脚を溜めるより楽しいし、集団に埋もれて終わり、という見せ場の無い結果よりは、よっぽど良いだろう。